851の驚くべき体験事例-3

      2018/10/31

*この資料は、実際の使用者の感想であり効果効能ではありません。

痛み 「激痛からの開放」 群馬県 Y・Sさん 33歳

851を飲み始めて3年です。851を飲む前は、胃が大変弱く、油汗がでるほどの痛みに耐えられず、何度か病院で点滴をしてもらいました。

胃カメラでも特に原因もわからず、病院からもらう薬に頼るしかありませんでした。また、昔から生理痛もひどくて激痛に耐えられなく 学校や会社をよく早退したり休んだものでした。

今思えば痛い人生をかなり送ってきたように思います。851を飲み始めてから激痛で辛かった痛みに開放され、生理痛の方々も徐々に軽くなって来ました。痛みに苦しめられないことは、とても幸せです。本当に851に巡り合えてよかったです。

腹膜炎 「手術を受けずに膿が消えた」 群馬県 N・Fさん 33歳

3年程前、突然の腹痛により入院。その時は、腸炎との診断で痛みがとれ退院できたのですが、、3ヶ月もしないうちにまた腹痛で入院。今まで健康だけに自信があった私にとって、半年の間に2回も入院する事は、大変なショックでした。

2回目の入院は、腹膜炎で担当医からは、「膿をとれば痛みも治まるので手術をしますが、手術をしたとしても100%膿を取り除くことは出来ません」と話がありました。

私は、あまりにもひどい腹痛から「痛みが取れるなら手術したい」と思っていましたが、母から「傷の無い体を傷つけたくない! しかも100%取り除けないなら、尚更手術なんて受けさせたくない」と強く言われ、薬で様子をみることにしました。

その時にふっと以前友人に聞いたことのある「851」の存在を思い出しすぐに母に頼んで買いに行ってもらいました。

週1本のペースで飲み続け、4~5本飲んだ頃の再検査の結果は、なんと!すっかり膿が消えていたのです。

手術をしても100%取り除けなかったはずなのに・・・・!!!担当医は「薬と治療方法があなたに合っていたんですね」と言っていましたが、驚いた様子でした。

担当医には、内緒で飲んでいたのでもちろん「851」のお陰だとは知りません。もし、「851」の存在を知らなければ、きっと私は、手術をしなくてはならなかったと思います。

恐ろしいです!!!これからも「851」を飲み続け健康がどれだけ幸せなことなのかをずっと感謝していきたいと思っています。

脳梗塞 「言葉を取り戻した」 群馬県 M・Aさん 33歳のお母様 57歳

私が851とであったのは、7年前です。母が脳梗塞で倒れ、手術ををしましたが右半身に軽い麻痺と言語障害が残ってしまいました。言われていることはわかるけれども 自分ではほとんど話せない状態でした。

そこで倒れて3ヶ月後位から851を飲み始めました。リハビリも行っていたのですが、右半身の麻痺は右手に残る程度まで改善し、日常会話くらいまで話せるようになりました。

しかし飲み始めて4ヶ月後に高価だった為に飲むのをやめてしまいました。しばらくすると母が「うまく話せなくなったからまた、851を飲みたい」と言うのです。

確かに飲んでいた頃に比べて言葉がスムーズに出なくなったように感じ、すぐに851を再開しました。

その後は、定期通院している医師にも「上手に話せるようになったね」と受診するたびに言われる位になりました。851のお蔭で母は、言葉を取り戻し、元気に毎日を送っています。風邪を引いても熱も出ずすぐに治ってしまうのでこれからも851を飲み続けたいと言っています。

肩こり 「つらく感じなくなった」 群馬県 M・Aさん 33歳

健康だと思っていましたが、子供を産んでから育児で肩こりがとてもひどくなり、つらくて夜眠れない日々を送っていました。何とか良くならないかと、整体、マッサージに行くのですが、その時は改善してもまた元に戻ってしまい、つらい毎日を過ごしていました。

そこで851を飲んでみようと思い飲み始めました。寝る前に851を飲むと、いつもはつらくて眠れないのにぐっすり眠れたのです! それから毎日飲んでいて肩こりがつらいと感じることがなくなりました。

たまに飲むのが遅くなると体がだるいな、変だなと思い「851」を飲んでいないからだと気付くくらいになりました。少量でも851の力はすごいと思います。健康の為に851を飲み続けたいと思います。

胃がんステージ4 「職場復帰ができた」 群馬県 M・Kさんのお父様 65歳

65歳の父が、最近、食欲がなくなり食べられなくなってしまったと言い、病院で検査するように勧めました。結果は、「胃がん」と診断されました。

検査入院の末、手術もできない程の状態のステージ4「末期がん」です。余命3ヶ月~6ヶ月と宣告を受けました・・・・。「手の施しようがない」と退院させられ自宅療養で「抗がん剤」が処方されました・・・・・。

先生は、副作用が辛いようなら、飲んでも飲まなくてもどちらでもよい・・・」と言われ帰宅させられました。父も家族も大変なショックでした。どうしようもない苦しみを受けました。

そんな時ふっと頭をよぎったのは私が花粉症やアレルギーのため、愛飲している「851」です。

851を紹介してくれた友人に父のことを相談させて頂き、詳しく説明を受けました。そして「手の施しようのないのだったら、851に賭けよう!!と気持ちを切替えることができ父も納得して851濃縮駅を飲み始めました。

飲用量は、朝晩60mlずつ(1日/180ml)。胃がんは、胃の出口を塞ぐほどに「みっちり」出来ていたので食事は、流動食にするよう病院からは指導されていましたが、851のおかげでしばらくすると食事も通常食が出来るようになり、本人も大変喜んでいました。

始めは、抗がん作用も併用していたのですが、先生が言われていた副作用もまったく出ませんでした。父も私も抗がん剤の効果は実感がなく辞めました。

すると1ヶ月過ぎた頃、なんと父は、職場復帰するほど元気を取り戻しました。その後6ヶ月が経ち病院に行き検査をしました。胃の出口を塞ぐほどに「みっちり」出来ていた「癌の塊」がなんということでしょう!?

塊がなくなり・・・小さな点々になっていました。診断当初の父は「もう駄目なんだ・・・}と絶望的に思っていましたが「851」に賭けて本当に良かったと実感しています。

まだ完治したとはいえませんが、職場復帰を果たし普通の生活が出来ていることが不思議です。

これからも851を飲ませて頂きます。

最後になりますが、父のことで辛く苦しいとき、心から励まして頂き、また共に喜んで頂いた友人に大変感謝しております。また851の関係者の方々にも感謝しております。本当にありがとうございました。

851とは何?

大豆発酵エキス851の驚くべき体験談ー1

大豆発酵エキス楊振華851

がんの改善に知って欲しい。30年も前からあるがんの世界特許取得商品。

 - 大豆発酵エキス851, 黒にんにく