851の驚くべき体験事例-2

      2018/10/31

*この資料は、実際の使用者の感想であり効果効能ではありません。

【肝臓癌(がん)】 半信半疑だったが良かった 京都府 S・Mさん 70歳

平成15年6月27日肝臓癌(がん)と告知されました。「うそや!」と不安と心配でも1ヶ月放っておいてやっぱり気になり、駅前の共立病院へ7月26日入院。

8月6日医者の話「血小板の数値が下がっていて体力的には手術ができない、このままだと1年の命。とりあえず私立病院に肝臓の専門の先生にお願いしてあるから 部屋の都合で11日に入院して欲しい」との事、8月11日に入院、13日に先生から詳しく説明、8月15日にMRIに入りフイルムを見せてもらいました。

すると黒い影が見えてきて そこで造影剤を入れられ、そしたらパッと電気をつけたように白く癌が写り 百も承知していながらゾーと寒気がしました。

6月27日の癌の大きさは2.5cmと周りに小さな癌が飛び散っていたのに今回は大きいのが2cm アレ!と思って聞きますと「小さい癌は、何も有りませんよ」と言われ消えていました。

先月から851を飲み始めていたのでそのせいなのか?と思いました。いよいよ8月18日カテーテルに抗がん剤注入治療2時間30分かかって無事終わったが、その後20時間の安静が必要で動かないようにと云われ、3日間程は、微熱が出たりしましたが、吐き気もなく元気にしていました。

それも851のせいかな?と思っていました。

その後順調で9月24日退院となりました。病院に居る間は、「どこが悪いの?」と人に聞かれる位でしたからそれも851のせいかな?と思っていました。

「癌(がん)は消えていますよ」病院の先生も不思議がっています。

先生の言葉に私は踊りたい気分でした。同じ時期に治療を受けられた方は、今も入退院の繰り返しています。

私は検査の度に先生から「CTも大丈夫!血液は綺麗だし何も言うことはない」といわれています。これも851のせいかな?と思っています。最近はいつもカプセルを携帯して飲んでいます。

【膀胱癌(ぼうこうがん)】 「851にかけます」  京都府 S・Fさん 60歳

朝いちばんにトイレに行くと血尿が出ました。でびっくりして直ぐに病院に行きました。今まで元気に過ごしていたんで、大変不安を抱えながらでした。

内視鏡で見てもらったり、いろいろな検査の結果「膀胱癌(がん)」と言われ大学病院の方で再検査をすることになりました。その結果は、やはり膀胱癌でした。

腰から下の癌は、何回も何回も再発することが多くて必ず99%まで再発すると医者から言われました。しばらくして入院して手術を受けました。退院してから、身内からの勧めもあり851Y型をずっと愛用しています。

お陰さまでこの3年間一度も再発することも無く、3ヶ月に一度は通院していますが、先生からも不思議なくらいだと言ってもらっています。同時に入院し、同じように手術を受けた人がいますが、

早くも人口膀胱をつけたり、何回も再手術を受けたり、又他に転移して亡くなられた方もあります。でも私は、元気で働いています。

以前より元気かもしれません。99%まで再発するといわれている中、不安は残りますが残りの1%を851Y型にかけて行きたいと思う心境です。

【肺膿症(はいのうしょう)】 「奇跡の早期回復」 兵庫県 A・Kさん 60歳

肺炎がこじれ血タンがでて入院。その後、原因不明のまま転院。徹底検査の末、肺膿症と診断され、すぐに知人から851を勧められた。あまり信用していなかったが、手術前の体質改善と術後の早い回復を願って1日100ml飲用。約半月後に左肺一部切除をしたにもかかわらず、奇跡的な回復をみせ医者や看護士を驚かせた。

その後も身体が要求するときに851を飲むようにしている。以前から、持病であった糖尿病のため高かった血糖値も徐々に正常値に近づき。851のおかげで快適な日々を送っている。

【急性肝炎】  「851は、強い味方」 兵庫県 T・Hさん 67歳

以前より尿酸値が高く、通風の検査を受けたところ、肝臓の数値が異常に高いことを知らされました。入院すること60日、点滴だけの毎日で数値が上がる一方でした。

GOT300~500~800~1000~1200~1500(ピーク)までになり、851を勧められて1日100ml服用。ある日、GOT1500が500に下がり、2ヶ月後には正常になりました。

今は抗体も出来て健康体です。

肝臓の特効薬などない現在、自分の肝臓は自分で守るしかない「851こそが自分を助けてくれた強い味方!」

【胃腸炎】 「下痢が止まった」 滋賀県 S・Wさん 34歳

胃腸がよく荒れ、すぐに下痢をしていていました。そのためかよく風邪をひいていました。もともと快便な方だと思っていたのですが、851を1日20ml飲むようになってから更に回数は増え以前よりもからだが軽くなり体調も良くなりました。

気付けば、胃腸が荒れることもなく風邪もひきにくくなりました。

胃腸炎・眼精疲労 「毎日、健康」 滋賀県 S・Wさん 34歳

胃腸の痛み、下痢が続いて体力が低下。そのせいか唇をよく噛み、噛んだ後が口内炎になりなかなか治らず、大変でした。他にも眼に光が入るようになり車の運転も支障をきたす状態で常に眼精疲労が続き、焦点が合いにくかった。

これらの症状は昔からなので、特に医者へも行かず胃薬、アリナミンを常用していた。851を1週間1日100ml飲み、2週目は、1日50ml飲用し、現在は1日20ml飲用していますが、眼はすっかり治り、唇を噛んでも1日で完治するようになりました。

ドライブで長距離を運転しても眼の疲れがなく主人とあちこちへ出かけるのが楽しみになりました。胃腸も会長で全く胃薬を飲まなくなり、以前は飲めなかったお酒も飲めるようになりました。

体力が付いて 毎日健康だと感じています。

潰瘍性大腸炎 「出血が止まった」 京都府 K・Kさん 41歳

朝、目覚めと共に腹痛と下痢、出血に悩まされていました。現在では、この病気が治る薬がない。

私にとっては、藁(わら)をもつかむ気持ちでした。851を朝夕20mlずつ飲み始めて3日目くらいから、朝の腹痛が治ってきました。そして飲み続けると段々、出血も止まってきました。本当に飲み続けてよかった。851を勧めてくださった方に感謝しています。

【糖尿病】 「無事に手術が出来ました」 兵庫県 T・Hさん 77歳

20年ほど前より糖尿病で治療を受け、食事療法を続けていましたが、「糖尿病は一生の病気」といわれるように期待するほどの効果は、ありませんでした。

白内障も大分進んでいたのですが、体調(ヘモグロビン)が安定するまでは、手術は出来ないとの事でした。

その後、851を紹介され1日朝夕30mlを飲み続けていたところ、病院の医師も不思議がるほど体調が安定し、無事に手術を終えることが出来ました。主人も効果を認め、これからも続けて一緒に愛飲していくつもりです。

851とは何?

大豆発酵エキス851の驚くべき体験事例続き

大豆発酵エキス楊振華851

がんの改善に知って欲しい。30年も前からあるがんの世界特許取得商品。

 - 大豆発酵エキス851