幹細胞の有効成分、成長因子とは?

      2017/01/02

幹細胞化粧品とは、幹細胞が入っているわけではありません。

幹細胞化粧品とは「幹細胞を活性化する成長因子が入っているのです」

成長因子は、細胞分裂を活発にし新陳代謝を促し、体の酸化を防いで肌組織を再生し、みずみずしくハリをだして美しくしてくれます。

成長因子とは、特定の細胞へ情報伝達を行い、細胞の成長や増殖・分化を促進させる体内のタンパク質のことをいい、別名として「増殖因子」「細胞増殖因子」などともいわれています。(情報伝達因子とも言われる分類でサイトカン、インターロイキン、ホルモンなどがあります)

幹細胞は、皮下組織から抽出してすぐに培養されます。実際には、幹細胞そのものは-190度以下でないと生きられないのです。

幹細胞を培養するとその分泌成分には、500種類以上のたんぱく質が含まれていて そこにはサイトカインといわれる細胞活性のかぎとなる情報伝達物質が含まれているのです。

*出典 細胞の写真 2009年2月Newton「わかる図解細胞」より抜粋

さらに その中にはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと活性酸素を除去するSOD(抗酸化酵素)、ビタミンなども含まれているのです。

まさに美白、しわ、たるみには、最高の成分ですね。
それが、サイトカイン(情報伝達物質)の一種である成長因子です。

成長因子が含まれた化粧品は、肌の奥の幹細胞を刺激して再生活性化するため根本的に皮膚の改善が期待できるのです。

成長因子は、別名「グロスファクター」と呼ばれ化粧品業界では以前から注目され話題になっています。有名なGF(グロスファクター)は、EGF、FGFなどがあります。

EGFとは 上皮成長因子のことで表皮幹細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させ肌のターンオーバーを促進させでシミやくすみをとり透明感を出します。

FGFとは 繊維芽細胞増殖因子と言い、真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・SOD(抗酸化物質)等が活性化されるためしわやたるみなどが改善されます。

EGFは アメリカの生化学者スタンリー・コーエン氏がノーベル生理学、医学賞を受賞している成分で皮膚の上皮の細胞にある上皮成長因子受容体と結合して活性化し新しい細胞を作ったりまた正常に働くために調節する作用があることがわかっているのです。

EGFは やけどや傷を負った肌の再生皮膚の移植、角膜切開による傷の回復、促進として臨床使用されていたそうです。

しわやたるみを再生しニキビや吹き出物などの肌トラブルの抑制作用もあります。
さらに肌のターンオーバーを促進してシミやくすみを改善してくれるのです。

この成長因子が発見されたときは、軒並み化粧品会社がそれを原料に入れた商品の開発をしてブームになったものです。発売当時は、なんと1g8000万円もする高額なものだったそうです。

EGFの美容成分を配合したローションを朝晩2回約2ヶ月使用したところ表皮の新生細胞の成長率が、平均284%も促進、最高で835%促進したという事例もあるそうです。

FGFは、肌の奥のコラーゲン、エラスチンの肌の弾力を保つたんぱく質を増やすので肌のハリや潤いが出てくるのです。

人間の体の中には幹細胞の種類がたくさんあり、それを活性する成長因子もたくさんの種類があるのです。

NGFは 神経細胞の再生を助ける成長因子です。

IGFは インスリン様成長因子といい、損傷を受けている皮膚を再生させます。さらにコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促します。

TGF-βは トランスフォーミング成長因子といいコラーゲン・エラスチンをより強固にしてお肌のうるおいをさらにアップします。抗炎症作用があり、敏感肌への改善効果もあります
VGFは 血管内皮細胞増殖因子といい 新しい血管が作られるための成長因子。必要な酸素や栄養素がきちんと運ばれるようになるので、肌細胞がイキイキとして元気なお肌になります。
PDGFは 血小板由来成長因子で線維芽細胞の増殖を促進します

 重要なのは、成長因子(グロスファクター)の数

成長因子の数が多いほど皮膚の再生修復が早くなります。

化粧品業界では、おもに表皮の幹細胞を活性化するEGFと真皮の幹細胞を活性化するFGFが主流でした。より効果を考えるなら、皮膚に関わらず血管を増やすものや抗炎性や抗菌性などを強化する成長因子が含まれることにより皮膚のあらゆるトラブルに対応できるようになってきます。

海外での事例の中には、やけどやけが、アトピーのような皮膚のトラブルを改善した事例がたくさんあります。頭皮に塗ることで髪が生えてきているもののあります。

ですから、成長因子の種類はとても重要ですし その数が多いほうがより効果がでると考えられています。

ちょっと難しい話になりましたがとにかく幹細胞のエキスである成長因子は、私たちをどんどん若返らせてくれるすばらしいものですね。

いつまでも若々しく元気でいたいものですね。外からも中からも5~10年前の自分に戻れる時代。うそのような本当に話。時代はどんどん進化してきています。

あちこちから出ている幹細胞の化粧品。まだ、日本ではこれからです。だから、事例もまだまだ少ないですが、世界では、もうかなり進んでいます。出遅れないようにしっかり情報をキャッチしてくださいね。

▲このページの上に戻る
sp


sp

 - 幹細胞化粧品