幹細胞コスメ(化粧品)とは? しわ・たるみを改善する理由!

      2017/01/09

最近、幹細胞という言葉をよく聞くようになってきました。
幹細胞って何だろう?それを使った化粧品って何?

このサイトでは、幹細胞コスメについていろいろと調べてみました。

内科女医のケイ子先生
わたくしが幹細胞のことを

わかりやすくお話していきますね!

ノーベル賞を取った山中教授のips細胞も実は幹細胞の一種です。しかし、医療分野でもまだまだ開発がこれからですね。

ドラッグストア勤務のミカちゃん
むずかしそう・・

でも 世界の化粧品業界では かなり幹細胞コスメが拡がってきています。

実際に使った人の事例は、目を見張るものがあり、しわやたるみなどへの即効性があり、多いに若返りを期待できます。

勤続20年OLのおつぼねさん
えっ?まじですか?私のしわもどうにかなるのかしら 

これからは、幹細胞なくして化粧品業界はありえないのではないかという時代になってきています。

幹細胞コスメと聞くと「幹細胞が化粧品に入ってい」ると勘違いしますね。でもそれは、間違いです。幹細胞は生きているものなのでそのまま入れることは、出来ません。

ドラッグストア勤務のミカちゃん
これからは、幹細胞の化粧品が常識なるのよね♪きっと

幹細胞コスメとは、植物由来、動物由来、ヒト由来と3種類ありそれぞれ特徴が違います

勤続20年OLのおつぼねさん
3種類もあるのね?知らなかった・・ 

いろいろなメーカーから幹細胞化粧品が出ていますが、すべてそれぞれの幹細胞を培養した培養液のエキスを化粧品に混ぜて作られたものです。

その幹細胞を培養したエキスこそ、幹細胞を活性化して細胞をよみがえらせることが出来る……..といわれているのです。

いままで使っていた化粧品で効果を感じない人も幹細胞化粧品を使えば驚くほど変化を感じるでしょう。有効成分をしっかり確かめてぜひ、ためしていただきたいものです。

2~3ヶ月でハリ、しわやたるみに効果を感じるすばらしい最先端の再生美容化粧品です。即効性があり今後の化粧品業界を変えるでしょう。対処療法でなく細胞から若返らせる根本療法です。

勤続20年OLのおつぼねさん
ワクワクするわね・・・出来るなら変身したいわ♪ 

マイナス10歳肌も夢じゃない・・・そんな時代がやってきました。

内科女医のケイ子先生
では、幹細胞ってそもそも何でしょう?
具体的に見ていきましょう。 

 

【目次】

sp

sp
1.幹細胞コスメ(化粧品)とは?

2.しわ たるみ改善には、幹細胞化粧品が効果

3.幹細胞化粧品は、3種類

 3.1 植物幹細胞、動物幹細胞、ヒト幹細胞の違い

 3.2 植物由来とヒト由来の大きな違い

4.効果を望むならおすすめは、ヒト由来の幹細胞化粧品

5.ランキング1位は?世界の幹細胞化粧品

6.今までの化粧品と幹細胞化粧品の違い(対処療法と根本療法)

7.幹細胞化粧品の有効成分 成長因子とは?

8.幹細胞と肌の老化の仕組み、ターンオーバーとは?

9.幹細胞の種類と幹細胞の可能性

10.幹細胞化粧品とプラセンタの違い

11.幹細胞を使った再生美容の現状
メスを使わず取り戻す!マイナス10歳肌へ

12.幹細胞の体験事例

13.幹細胞化粧品は、安全なの?

1.幹細胞化粧品(コスメ)とは?

幹細胞とは、一言でいうと新しい細胞を生み出す細胞のこと

植物、動物、ヒトには、細胞の元になる幹細胞がありそれが分裂していろいろな細胞になり生命体を作っています。

幹細胞化粧品とは、上記の3種類の幹細胞を抽出し、培養したエキスを化粧品に配合して
作られた化粧品のことでいかにヒトの幹細胞を活性化させることが出来るのかがポイントになります。

幹細胞の培養液には、細胞を活性化するいろいろな物質が含まれているので化粧品に配合すれば、肌の奥の細胞に直接働きかけてしわ・たるみやその他の肌のトラブルなどいろいろな悩みに期待が出来るのです。

そこで ヒトの幹細胞についてお話していきます。

人間が生まれたとき幹細胞は、約60億個あるそうです。

たった一つの受精卵から幹細胞になり、それが増殖、分化して約60兆個のいろんな細胞になって私たちの体ができているのです。

幹細胞は、私たちの体の元となる細胞です。幹細胞は、ケガをするとその周りにどんどん集まって元の細胞に戻る手助けをして修復する救世主みたいな役割もしてくれます。

内科女医のケイ子先生
幹細胞ってかしこいですよね。 

幹細胞とは、自らと同じ幹細胞に分裂し増殖できる自己複製能力と分化していろんな個別の細胞になれる多分化能力を2つの特徴を持っている細胞です。

これからは、幹細胞は、幹細胞の一種であるips細胞とは違って簡単にヒトの脂肪から抽出できるので医療分野にもおおいに期待されているのです。

生まれたときにあった約60億個といわれる幹細胞が40歳になると約3億個になり、さらに60歳になると約1億5千個になってしまうそうですよ。

勤続20年OLのおつぼねさん
私の幹細胞は、もう3億くらいしかないらしい・・・(泣) 

近年、老化するということについて幹細胞の活性化がいかに重要かがわかってきたのです。,

特にヒト由来の幹細胞化粧品に関しては、すでに海外では多くの事例がでていて多くの期待をされています。

▲このページの上に戻る

sp


sp

 - 幹細胞化粧品